カードローンを利用しても会社には秘密になる

カードローンを利用するときに最も心配になることの一つは、お金を借りたことが他の第三者に知れてしまわないかということです。
具体的には、働いている会社は家族に対してです。
特に、カードローンに関しては在籍確認と言う方法によって直接会社に対して連絡をされてしまうことになるので、余計にその不安をもってしまう方もいます。
しかし、何も心配する必要はありません。
カードローンによってお金を借りる人が不利になるようなことは絶対にないのです。
実際、キャッシング審査の申込時に行なわれる在籍確認では会社のほうに電話は行きますが、実は金融機関である事を告げて確認をするわけではないのです。
もっと具体的に言うと、在籍確認とはいっても電話をしてお金を借りる本人の名前を出して今そこにいるかどうかを確認するだけなわけです。
しかも、この場合には実態のないウソの企業の名前と担当者の名前を名乗るようになっていますので、やはり秘匿性は守られるようになっています。
ですので、極めて安全に借りることが出来るのです。

転職、そして転職。

去年の夏に仕事を辞めてから約一年。今年の9月に再就職を果たしました。
しかし、たったの一週間勤務しただけで辞めてしまいました。
決して、自分は何事も長続きしないという人間ではないと思っています。実際、前の仕事は5年以上続けていましたし。
ただ、再就職した先がとてもではないけれど、これから定年まで続けられるような仕事とは、到底思えなかったのです。
前の仕事では、製造業とはいえ割りと綺麗な環境で仕事をしていました。今思えば贅沢な話なのですが、そういう環境で、決して余裕があったわけではないですが、生活に困らない程度の給料をもらっていたにも関わらず、不満を抱えていました。
しかしそれは、その環境しか知らなかったからだと思います。前の仕事を辞めたことも後悔していませんし、一週間でまた仕事を辞めてしまったことも後悔していません。
そしてまた、今月末から新たな仕事に就きます。
今度の仕事は、前にやっていた仕事と似たような仕事です。最初に仕事を辞めてから一年強の時間を費やし、バイトも含めればいろいろな仕事を経験しました。
そこから得た結論としては、やはり前にやっていた仕事が一番自分には合っているのではないかということでした。
不平不満があるからといって、それ以上のものがすぐに見つかるかというと、そうではないし、多少負荷がかかっていたとしても、そのぐらいが自分にはちょうど良いということもあります。
この結論を得られただけでも、一年強彷徨った甲斐があったと思います。
この先もどうなるかは分かりませんが、自分が在るべき場所を見極めながら生きて生きたいです。